1. フラダンス踊り方入門
  2. 25 view

フラのためのレッスン着「ハウ」の着用方法とデザイン種類を選んで注文する

パウ

フラを習いたい!と思ったら、まずはパウを用意しましょう。手持ちのTシャツやキャミとあわせれば、すぐにレッスンのスタートもOK!スクール指定のものがあっても、お気に入りのパウは、何枚あっても嬉しいもの。ここではパウをメインにしたレッスンウェアをまとめてご紹介します。



パウの由来と着用方法

フラの練習をするときには「パウ(パーウー)」と呼ばれるギャザーのたくさん入ったスカートを着用します。「パウ」とはハワイ語で「スカート」の意味なので、「パウスカート」ではなく、「パウ」と呼ぶのが正しいようです。フラは本来、神様に捧げる踊りであったため、踊り始めるためのお祈りなど、さまざまなしきたりがありました。その一つが「パウは足からはくのではなく頭から」という決まり。フラを踊ることと、フラを学ぶことに対して敬意を払うために頭からはくのだと、ハワイでは小さいうちから教え込まれます。

また、パウはウェストより低い腰骨の位置で履くもの。ギャザーの部分がウェストにある場合は、もう少し下げてハワイスタイルで着用しましょう。本来パウは「カヒコ」と呼ばれる古典フラを踊るための衣装です。現代フラである「アウアナ」で使われることもありますが、アウアナはドレスで踊ることが主流です。また、ゴムなどなかった時代、パウは紐を通して着ていました。だから今でもカヒコを踊るときには紐のパウを履いて踊ることもあります。

レッスン用のパウは、一般的にシンプル・パウが基本です。しかし、ショップに行けば2役の布を重ねて仕立てられたダブル・パウもたくさん見つかります。好みでシングルかダブルかを選ぶとよいでしょう。また、カヒコ用のパウの下にはパンタルーン(ペティパンツ)と呼ばれる膝丈のゆったりしたアンダーパンツを着用します。舞台用衣装としてパウを着用する場合も、パンタルーンを重ねることがあります。

シングル・パウ

シングルパウ
かってパウはタバ(樹皮から作られる布)に植物の染料を使っても要を施し、作られていました。激しい動きでも落ちないように、紐で腰にかなりきつく縛り付けていたのです。現代のものは、一口にパウと言っても、その種類はさまざまです。まず手に入れたいのは基本のシングル・パウ。通常の生地幅(110㎝~115㎝)の生地1枚を約3~4ヤード(1ヤード91㎝)使い、腰部分に紐やゴムを通して作られるのです。軽やかで動きやすくレッスンにピッタリです。

シングル・パウ110点を揃えている通販サイト

シングルパウ
※一部商品はオーダーを受けてから制作にかかりますので、納期に約3週間かかります。お急ぎの方はお早めに注文してください。
シングル・パウの商品一覧を見る

ダブル・パウ

ダブル・パウとは2種類の生地を重ねて作られるパウ。無地と柄物、色合いの異なる柄同士など、合わせる布選びや色の出し方が個性につながります。曲に合わせてふんわり揺れるパウは、フラの動きの美しさを強調します。ダブル・パウの中にも、ウェスト部分だけをダブル仕立てしたものや上側の生地を斜めにカットしているもの、リバーシブルのものなど、仕様はさまざまです。これらのパウを選んだりコーディネートするのもフラの楽しみのひとつですね。
※ダブル・パウはこちらのサイトからお好みの色や柄を選んでいただきオーダー注文となります。納期は約3週間です。
パウの商品一覧を見る




フラダンス踊り方入門の最近記事

  1. フラのためのレッスン着「ハウ」の着用方法とデザイン種類を選んで注文する

  2. フラの装飾品レイの由来や種類

  3. ハワイの花・植物とフラの関係

  4. フラダンスの基本は、頭の動きと表情を自然に動かすこと

  5. 初心者もできるフラダンスの上手な踊りのコツ

関連記事

PAGE TOP